• 槙の匠について
  • 野迫川の高野槙
 

仏花(高野槙)

価格: ¥600 (税込)
[ポイント還元 6ポイント~]
切り花:
数量:
在庫:

・高野山の隣、野迫川村で採れる「高野槙」を、槙の匠が一本一本山から切り出しています。
・「槙仏花」は高野槙枝をベースに、菊を中心とした季節の花とセットにしたものです。
・生産直販により薫りと鮮度が長持ちする高野槙が映えます。
・仏壇やお墓のお供え花にどうぞ。
・高野槙に代えてビシャコ(ヒサカキ)のベースもお選びいただけます。
・切り花は4色組みですが、ご希望で3色も可能です。


【野迫川の高野槙】


高野槙(コウヤマキ)は、円錐形の樹形が美しい世界三大美樹のひとつといわれ、柔らかくしなやかな針葉が特徴の常緑針葉樹です。

マツ目コウヤマキ科(コウヤマキ科は1属1種)の日本の固有種で、和歌山県の高野山や奈良県の大台ケ原に多いことから「高野槙」と名付けられました。
また高野山に隣接する雲海の郷、奈良県野迫川村は、更に標高が高く寒暖の差が大きいことから、良質の高野槙が採れることで有名です。

野迫川「槙の匠」で扱う高野槙は、野迫川村の槙山で何年もかけて丁寧に育てられた良質の槙を、全て手作業で一本一本切り出したものを取り扱っています。
更に、ご用途に合わせて、長さの異なる槙枝と、1本の木から1本しか取れない貴重な槙枝(芯)までをご用意しております。



【お供えとしての高野槙】


世界遺産として高野山真言宗の総本山としても有名な高野山では、古くから高野槙の枝葉を御仏前に供える習わしがあります。

特にお正月、お彼岸、お御盆には無くてはならない供花として重視されてきました。
また供花としては非常に長持ちする性質があり、最近では高野槙をベースに使った仏花を、お仏壇、お墓に供える方も増えています。

野迫川「槙の匠」の槙は、山から切り出したままの槙はすぐに使いません。
1日以上水揚げする「ひと手間」を加えます。
こうすることにより、品質が安定して長持ちする槙となります。



【槙に心を込めています】


野迫川「槙の匠」が手掛ける高野槙は、苗木から成木まで気の遠くなるような時間を掛けて手掛けた高野槙を、ご利用になる皆さまを想いながら丁寧な手作業で1本1本加工しております。
是非、私たち「槙の匠」の自信作を使ってみてください。
きっとご満足いただけるものと思います。

野迫川「槙の匠」店長が高野槙にかける想いも是非読んでください。



高野槙(枝)

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ